段落書式

段落書式

箇条書きの行間を狭くする3種の方法

Wordでデフォルトの箇条書きの行間を狭くする3種類の方法を掲載しています。 3種類の方法は下記になります。 段落の前後を狭くする行間を既定値の1.0にする行間を固定値にし間隔を小さくする ここでは画面の画像で手順を解説...
段落書式

タブの種類と設定結果:7種類の切り替え方法と機能

Wordの左揃えタブ・中央揃えタブ・右揃えタブ・小数点揃えタブ・縦棒タブ・1行目のインデント・ぶら下げインデントの解説と設定結果 タブとはTabキーで文字位置を設定する機能のことです。全部で7種類あり、水平ルーラーの左にあるアイコン...
段落書式

自動で箇条書きにならないように設定する

Wordの有名なおせっかい機能、勝手に箇条書きになるのをオフにする設定を掲載しています。 数字や「・」を入力すると、勝手に箇条書きになり煩わしく思うことがあります。箇条書きにしたければ、ボタンをクリックするだけでできるので、こんな機...
段落書式

箇条書きの自動入力と終了方法:開始・終了・レベルについて

自動で箇条書きにする方法、終了する方法、レベル形式の変更方法を掲載しています。 Wordでは箇条書きを自動で入力できる機能があります。自動で箇条書きになるので、場合によっては面倒な場合もありますが、連番ミスなどが防止できます。ここで...
段落書式

行間を「行と段落の間隔」の既定値から狭く/広くする

リボンの「行と段落の間隔」で行間を変更する方法を掲載しています。 「行と段落の間隔」の既定値は、ページ設定の字送りの倍数になります。字送りを「18pt」にした場合、既定値の「1.0」は「18pt」になります。ページ設定の変更は「行間...
段落書式

行間の変更をページ設定で行う:行数の変更方法

行間をページ設定の行数で行う方法を掲載しています。 Wordで文書を作成していると行間を調整したいことが良くあります。ここでは用紙の設定を行う、ページ設定で変更します。ここで設定した行送りのポイントが、行と段落の間隔で使われる倍数の...
段落書式

段落に連番を振る方法:段落番号の設定と解除

段落に連続する番号(通し番号)を付ける段落番号の設定方法と解除方法を掲載しています。 段落に連番を振る場合、段落番号の機能を使うと番号間違いが防止できます。段落を追加しても削除しても、自動で番号が修正できるからです。文書を再利用した...
段落書式

段落に箇条書きを設定する方法と解除方法

文書作成後に箇条書きを設定し、その後全解除と一部解除を行う方法を掲載 箇条書きを作成する場合、始めから箇条書きで入力することもできますが、段落で入力しておき文書完成後に段落に変更することもできます。考えながら入力する場合は、後で設定...
タイトルとURLをコピーしました