Word:コロンがずれた文書を修正する3種類の方法

コロンを含んだ段落が他の段落の位置とずれる場合に、位置を合わせる方法を掲載しています。

コロンを入力すると、他の段落と文字位置がずれる場合があります。
他の段落のコロンをコピーしても直りません。
原因はずれた段落は2行になっているので、Wordが勝手に文字間隔を修正しているからです。
ここではずれを直す方法を3種類掲載しています。
使用した文書は無料でダウンロードできるので、実際にお試しください。


下画像の「資料」のところの「:(コロン)」が若干ずれているのが分ります。
上のコロンをコピーし、ずれの部分に貼り付けても直りません。
1行に変更するとずれが直ることから、原因は2行になっているからだと思われます。

コロンがずれた文書

Word 左インデントを半角ドラッグし修正する

全体を選択し、ルーラーの左インデントを半角ドラッグします。
左右どちらにドラッグしても修正できます。

左インデントを半角ドラッグする

フォントを変更し修正する

フォントを「游ゴシックMedium」から「MSゴシック」に変更しました。
これで下のように修正できました。

フォントを変更する

既定の設定にし修正する

リボンの[ホーム]~フォントグループの右下ボタンをクリックします。

フォントの右下ボタンをクリックする

フォントダイアログボックスが開きます。
下の[規定に設定]ボタンをクリックします。

フォント ダイアログボックス

確認ダイアログボックスが開きます。
どこまで変更されるか分からないので、デフォルトの「この文書だけ」で[OK]ボタンをクリックします。

既定に設定を確認

これで下のように修正できました。

コロンのずれが直った文書

どの方法でも、修正した2行目がずれるので「ぶら下げインデント」を修正する必要があります。

関連する「文字間隔を狭くする/広くする:微調整方法」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました