項目と内容を点線で結ぶタブリーダーの使い方と削除方法

タブリーダーは目次だけでなく、通常の文書でも設定できます。

案内状などでよくある日時・場所などに点線を使う方法です。
ここでは左揃えタブからタブリーダーを設定する方法とタブ位置の変更方法を解説しています。
削除も簡単で元に戻すこともできます。
設定した文書を無料でダウンロードできるので、実際にお試しください。


Word 点線で結ぶタブリーダーの設定方法

下画像のように項目と内容をタブで区切ります。
「編集記号の表示/非表示」を表示にし、タブや改行記号を見えるようにしています。

項目と内容をタブで区切った文書
タブで区切られた文書

設定する範囲を選択します。

タブリーダーを設定する範囲を選択します。
タブリーダーの設定範囲を選択

内容を配置する位置のルラーの下辺りでクリックします。
これで左揃えタブが設定できます。
タブで区切られた内容は、 左揃えタブ位置に移動します。

左揃えタブを設定する
左揃えタブの設定

タブとリーダー ダイアログボックスが開きます。
タブ位置は自動的に、左揃えタブ位置が表示されています。

  1. リーダー部で点線を選択します。
  2. [OK]ボタンをクリックし設定完了です。
タブとリーダー ダイアログボックス
タブとリーダー ダイアログボックスの設定

これで点線のタブリーダーが表示されます。

タブリーダーを設定した文書
タブリーダーの設定完了

タブ記号を消します。
リボンの[ホーム]~段落グループの[編集記号の表示/非表示]をクリックし非表示にします。

編集記号の表示/非表示を非表示にする
編集記号を非表示にする

タブ位置を変更する方法
変更したい段落を選択し、左揃えタブを左右にドラックすることで変更できます。

タブ位置を変更する
左揃えタブをドラッグし位置を変更する

タブリーダーの削除方法

削除する範囲を選択します。

削除する範囲を選択する
削除する範囲を選択する

左揃えタブを下にドラッグします。

左揃えタブを下にドラッグ

これでタブリーダーが削除できます。

タブリーダーを削除した文書
タブリーダーを削除した文書

関連する「改ページの挿入と削除方法|ショートカットキーで挿入」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました