アウトラインの設定・レベルの変更と削除方法

アウトラインのレベル設定・表示切替・削除方法を掲載しています。

長文の場合アウトラインを使うと、設定したレベルのみ表示できるので、全体を把握し易くなります。
レベルの文字は折りたたまれて表示されるので、展開も簡単にできます。
レベルを設定しておけば、例えば「見出し〇」や「第〇章」などに一括で表示を切り替えることができます。
アウトラインの設定は段落単位になります。
アウトラインを設定した文書を無料でダウンロードできるので参考にしてください。


Word アウトラインの設定方法

  1. アウトラインを設定する行に移動します。
    アウトラインは段落単位で設定します。
  2. リボンの[表示]を選択します。
  3. 表示グループの[アウトライン]をクリックします。
表示タブのアウトラインをクリックする
リボンの[アウトライン]をクリック

アウトラインの設定画面になり、リボンも[アウトライン]タブになります。
未設定の場合、段落の先頭に「〇」が付きます。

アウトラインの画面
アウトライン画面

アウトラインのレベル1を設定します。

  1. コンボボックスで「レベル1」を選択するか、「←」をクリックします。
  2. 段落の前に「+」アイコンが表示されます。
アウトライン レベル1にセットする
レベルの設定

上の手順で下画像のようにレベル1から4まで設定しました。
レベルによって字下げ位置が異なっているのが分ります。

アウトライン レベル1からレベル4にセットする
レベル1から4まで設定

リボンのレベル表示で、表示するレベルを変更できます。
レベル1に変更した画面です。

レベル1を表示
レベルの表示

レベル2に変更した画面です。
レベル1と2が表示されています。

レベル2を表示
レベル2を表示

レベル3に変更した画面です。
レベル1~3が表示されています。

レベル3を表示
レベル3を表示

段落の前にある「+」アイコンをダブルクリックし展開することも可能です。
この場合一括でなく、クリックしたレベルのみ展開できます。

+アイコンをクリックし展開する
+アイコンで展開する

アウトラインを終了するには、リボンの[アウトライン表示を閉じる」をクリックします。

アウトライン表示を閉じる
アウトライン画面を閉じる

通常の印刷レイアウト画面です。
デフォルトの表示の場合、レベル1と2は同じ、レベル3は字下げ、レベル4は太字でなくなっています。

アウトラインを設定した文書
アウトラインを設定した印刷レイアウト画面

アウトラインの表示スタイルの変更方法

アウトラインの表示スタイル変更は、リボンの[ホーム]~段落グループの[アウトライン]をクリックします。
リスト ライブラリが表示されるので選択してください。

アウトライン表示の変更
アウトラインのスタイル変更

アウトラインの表示スタイルを「第〇章」に変更した文書です。
このようにアウトラインを設定しておけば、簡単にスタイルを変更できます。

アウトライン表示を第〇章に変更
アウトラインの表示スタイルを「第〇章」に変更

アウトラインの削除(解除)方法

アウトライン画面で、ショートカットキーの[Ctlr]+[A]で全体を選択します。
リボンの[アウトライン]~アウトラインツール グループのレベルを[本文]にします。
これでアウトラインが削除できます。

アウトラインの削除方法
アウトラインの削除

関連する「ドロップキャップの設定と解除方法」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました