改ページの挿入と削除方法|ショートカットキーで挿入

改ページのリボンとショートカットキーを使った挿入方法・表示方法・削除方法を掲載しています。

Enterキーで空行を追加し改ページすることもできますが、その場合、文書の修正でページの先頭がズレる場合があります。
そこで改ページを使うと修正に影響を受けません。
ここではリボンとショートカットキーを使った挿入方法、改ページ記号の表示方法、削除方法を解説しています。
作成した文書を無料でダウンロードできるので参考にしてください。


Word 改ページの挿入方法

リボンで改ページを挿入する

  1. 改ページしたい位置にカーソルを移動します。
  2. リボンの[挿入]を選択します。
  3. [ページ区切り]をクリックします。

ショートカットキーで改ページを挿入する

[Ctrl」+[Enter]キーを押します。

ページ区切りを挿入
リボンで改ページを挿入

これで下のように改ページが挿入され、カーソル以下が次のページに移動しました。

改ページした文書
改ページした文書

改ページの表示方法

改ページを表示させるには、リボンの[ホーム]~段落グループの[編集記号の表示/非表示]をクリックします。

改ページ記号の表示
改ページの表示方法

これで下のように「…改ページ…」が表示できました。

改ページを表示
改ページの記号が表示

改ページの削除方法

下のように改ページの記号を選択します。

改ページを選択する
改ページの記号を選択

改ページの記号が表示されていない場合は、下のように選択できます。

改ページが表示されていない場合
未表示の改ページの選択

Delキーを押すと改ページが削除できます。
改ページを選択しなくても、記号の先頭でDelキーを押すことで削除できますが、その場合1行空きます。
[置換]を使い改ページを一括削除する方法がありますが、結構手数が掛かるので数ヶ所なら1個ずつ削除する方が簡単です。

改ページの削除結果
改ページの削除結果

関連する「項目と内容を点線で結ぶタブリーダーの使い方と削除方法」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました