ページ削除の方法:各種ページの選択

Wordにはページ単位で削除する機能がないので、その方法を解説しています。

Wordのページ削除は、ページ単位で選択しDeleteキーを押す方法になります。
なので、いかに素早くページを選択するかがポイントになります。
ここでは1ページ、複数ページ、テキストボックス・図形・表があるページの削除方法を解説しています。
使用した文書は無料でダウンロードできるので、実際にお試しください。


Word 1ページの削除方法

削除するページの先頭にカーソルを移動します。

削除するページの先頭にカーソルを移動する

Shiftキーを押しながら、ページの末尾をクリックします。
これで1ページ選択できます。

削除するページの末尾をShiftキーを押しながらクリックする

Deleteキーを押すと下のように削除できます。

Deleteキーを押します

Word 複数ページの削除方法

複数ページを画面に表示させた方が、分かり易く処理できます。
表示の変更は[表示]~ズームグループの[複数ページ]をクリックします。

複数ページの表示方法

1ページ削除と同じように、削除する先頭にカーソルを移動し、複数ページの末尾をShiftキーを押しながらクリックします。
これで複数ページが選択できます。

複数ページを選択する

Deleteキーを押すと、下のように複数ページが削除できます。

複数ページの削除

Word テキストボックス・図形・表があるページの削除

下の2ページ目に上から、テキストボックス・図形・表を挿入しています。
上と同じ方法で選択し、Deleteキーを押します。

テキストボックス・図形・表があるページを選択

これで下のように、テキストボックス・図形・表が全て削除できました。

テキストボックス・図形・表があるページを削除

しかし、下のように1行目に重なっている場合は削除できないようです。

テキストボックスが1行目に重なっているページ

下のように1行目に重なっていたテキストボックスは削除されずに、1ページ目に移動しています。

テキストボックスが1行目に重なっているページを削除した結果

関連する「自動作成した目次の書式と点線(リーダー)の変更方法」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました