タブの種類と設定結果:7種類の切り替え方法と機能

Wordの左揃えタブ・中央揃えタブ・右揃えタブ・小数点揃えタブ・縦棒タブ・1行目のインデント・ぶら下げインデントの解説と設定結果

タブとはTabキーで文字位置を設定する機能のことです。
全部で7種類あり、水平ルーラーの左にあるアイコンをクリックし切り替えることができます。

下画像の矢印にあるアイコンがタブです。

デフォルトの文書

Word タブの種類と機能

タブのアイコン名前機能
左揃えタブ左揃えタブ文字列をタブの左側に揃えます。
中央揃えタブ中央揃えタブ 文字列をタブの中央に揃えます。
右揃えタブ右揃えタブ 文字列をタブの右側に揃えます。
小数点揃えタブ小数点揃えタブ 数値の小数点をタブの位置に揃えます。
縦棒タブ縦棒タブ縦棒をタブの位置に挿入します。
1行目のインデント1行目のインデント段落の1行目をタブの位置に揃えます。
ぶら下げインデントぶら下げインデント段落の2行目以降をタブの位置に揃えます。

Word タブの設定結果

左揃えタブ

左揃えタブを左のアイコンで選択し、ルーラーの上でクリックします。
するとルーラーにタブマーカーが表示されます。

左揃えタブをセット

文字列の先頭にTabキーを入力すると、タブマーカーの位置の文字列の左側が揃います。

左揃えタブで揃えた文書

中央揃えタブ

文字列の先頭にTabキーを入力すると、 タブマーカーに文字列の中央が揃っています。
赤色の点線は良く分かるように引いています。

中央揃えタブで揃えた文書

右揃えタブ

文字列の先頭にTabキーを入力すると、 タブマーカーに文字列の右側が揃っています。

右揃えタブで揃えた文書

小数点揃えタブ

数値の先頭にTabキーを入力すると、 タブマーカーに小数点の位置が揃っています。

小数点揃えタブで揃えた文書

縦棒タブ

タブマーカーの位置に縦線が引かれています。

縦棒タブを設定した文書

1行目のインデント

段落の1行目がタブマーカーの位置になっています。

1行目のインデントを設定した文書

ぶら下げインデント

段落の2行目以降がタブマーカーの位置になっています。

ぶら下げインデントを設定した文書

関連する「タブマーカーの削除方法」も参照してください。

タイトルとURLをコピーしました