ワードアートを文書に挿入し変形させたり縦書きにする方法

おしゃれな文書に必要なワードアートの基本操作を掲載しています。

おしゃれなチラシや案内状などのタイトル作成に必要な、ワードアートの使い方です。
入力した文字は丸型や波型などに変形させることができます。
テキストボックスと同じように、縦書きにすることも可能です。
ここでは設定手順を、Word画面の画像で解説しています。
実際に挿入した文書を無料でダウンロードできるので実際にお試しください。


Word文書内にワードアートを挿入する方法

  1. 挿入したい文書位置に移動します。
    後でもドラッグすると移動できるので、だいたいの位置でOKです。
  2. リボンの[挿入]を選択します。
  3. テキスト グループの[ワードアート]をクリックします。
  4. スタイルリストが表示されるので選択します。
リボンのワードアートをクリックする

これで「ここに文字を入力」と表示されたワードアートが作成できました。

文書内に挿入したワードアート

このままですと元の文章と重なり見にくいので、[文字列の折り返し]を設定します。

  1. ワードアートに文字を入力します。
  2. 右上に表示される[レイアウト オプション]ボタンをクリックします。
  3. [文字列の折り返し]リストが表示されるので選択します。
    ここで[四角形]を選択しました。
文字列の折り返しを設定

ワードアートを変形させる

  1. リボンの[描画ツール]~[図形の書式]~ワードアートのスタイル グループの[文字の効果]をクリックします。
  2. 効果のメニューが表示されるので[変形]をクリックします。
  3. 変形のリストが表示されるので[枠線に合わせて配置][形状]から選択します。
    ここでは「アーチ」を選択しました。
ワードアートを変形させる

変形したワードアートです。

変形させたワードアート

ワードアートを縦書きにする

  1. リボンの[描画ツール]~[図形の書式]~テキスト グループの[文字列の方向]をクリックします。
  2. メニューが表示されるので[縦書き]をクリックします。
文字列の方向を縦書きにする

これで下のように縦書きにすることができました。

縦書きにしたワードアート

関連する「横書きに縦書きを挿入する|テキストボックスの折り返し」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました