Word:表の列幅と行高さをドラッグと数値入力で調整する3種の方法

表のセルサイズを調整する方法を掲載しています。

列幅と行高さを調整するには、下記の3種類あります。
(1)列と行の枠線をドラッグする
(2)リボンのセルのサイズで数値入力する
(3)表のプロパティで数値入力する
1と2のやり方は簡単ですが、3は表全体のサイズを調整できます。
ここでは上の3種類の方法を、Word画面の画像で解説しています。
調整した表がある文書を無料でダウンロードできるので参照してください。


列と行の枠線をドラッグし調整する

行の枠線部分にマウスをポイントし、ドラッグすることで調整できます。

行の枠線をドラッグする

列の枠線部分にマウスをポイントし、ドラッグすることで調整できます。

列の枠線をドラッグする

リボンのセルのサイズで数値入力する

リボンの[表ツール]~[レイアウト]~セルのサイズ グループの[高さ]と[幅]に数値入力します。
入力ボックスの「▲▼」をクリックすることでも可能です。

セルのサイズで高さと幅を調整する

表のプロパティで数値入力する

[表ツール]~[レイアウト] ~セルのサイズ グループの右下ボタンをクリックします。

セルのサイズ

表のプロパティ ダイアログボックスが開きます。
行の高さは、行タブの[高さを指定する]にチェックし数値を入力します。

表のプロパティ 行タブ

列の幅は、列タブの[幅を指定する]にチェックし数値を入力します。

表のプロパティ 列タブ

表全体の幅は 、表タブの[幅を指定する]にチェックし数値を入力します。

表のプロパティ 表タブ

関連する「表の列の幅を文字数の長さに合わせて自動調整する方法」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました