Word:セルとセルの間隔を空け外枠を消す方法|表のオプション

表のオプションでセルの間隔を設定する方法を掲載しています。

セルの間隔を空けることで新しい表の使い方が可能になります。
それぞれのセルのサイズや色は設定できますが、間隔は調整できません。
また外枠を消すことが出来ないので、ここでは強引に図形を使用し消します。
作成した表がある文書を無料でダウンロードできるので参照してください。


セルとセルの間隔を空ける方法

元のWordの表です、これを使用します。

Wordの表
  1. 表内をクリックし選択します。
  2. リボンの[レイアウト]を選択します。
  3. 配置グループの[セルの配置]をクリックします。
セルの配置をクリック

表のオプション ダイアログボックスが開きます。

  1. 既定のセルの間隔部分の[セルの間隔を指定する]にチェックを入れます。
  2. 間隔をミリ単位で入力します。

[OK]ボタンをクリックし閉じてください。

表のオプション

セルの間隔が空き、表が下のように変わりました。

セルの間隔を空けた表

それぞれのセルのサイズや色は下のように設定できます。
ただ外枠を消すことはできないようです。

セルをデザイン

ここでは四角形の図形を使い、外枠を消します。
四角形の図形を挿入し、塗りつぶしを「なし」、枠線の太さを「太く」設定します。

四角形の図形を重ねる

四角形の枠線の色を白にします。
これで表の枠線が消えました。
ただ表のサイズや位置を変更した場合、同時に四角形も合せる必要があります。

枠線を消した表

関連する「表の項目行を全ページに表示する方法|複数行の項目の場合」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました