Word:キリトリ線の挿入方法|罫線とテキストボックスを使用

罫線の上にテキストボックスを配置し、キリトリ線を作成します。

出欠表や委任状などを文書内に入れる場合、必要となるキリトリ線の作成方法を掲載しています。
ちょっと手間ですが、一度作っておくとコピー&ペーストで再利用できます。
ここでは作成手順を画面の画像で解説しています。
作成したグラフの文書は無料でダウンロードできるので参照してください。


キリトリ線の作成手順

始めに罫線を引きます。
マウスを罫線を引く行の左余白に移動します。
すると下画像のように、マウスポインターが矢印に変わります。

罫線を引く行に移動
  1. リボンの[ホーム]~段落グループの[罫線]をクリックします。
  2. 表示されるメニューの[線種とページ罫線と網かけの設定]をクリックします。
罫線をクリック

線種とページ罫線と網かけの設定ダイアログボックス~罫線タブが開きます。

  1. 線の種類を選択します。
    ここでは広い間隔の点線を選択しました。
  2. 線の太さを選択します。
    ここでは1.5ポイントを選択しました。
  3. 罫線なしをクリックします。
  4. 下線をクリックします。
  5. [OK]ボタンをクリックし完了です。
線種とページ罫線と網かけの設定ダイアログボックス

次に「キリトリ」の文字を作成します。

  1. リボンの挿入タブを選択します。
  2. テキスト グループの[テキストボックス]をクリックします。
  3. 表示されるリストから、シンプルを選択します。
テキストボックスを挿入

「キリトリ」と入力し、テキストボックスのサイズを調整します。

テキストボックスに入力

リボンの[描画ツール]~[図形の書式]~図形のスタイル グループの[図形の枠線]をクリックし、表示されるリストから[枠線なし]をクリックします。

テキストボックスの枠線を消す
  1. リボンの[描画ツール]~[図形の書式]~[文字列の折り返し]をクリックします。
  2. 表示されるメニューの[前面]をクリックします。
テキストボックスを前面に移動
  1. テキストボックスを選択したままで、[ホーム]~段落グループの[中央揃え]をクリックします。
  2. テキストボックスを罫線の中央にドラッグします。
    これでキリトリ線の作成完了です。
テキストボックスを中央揃えに設定

下が文書内に挿入したキリトリ線です。

キリトリ線を追加した文書

関連する「表の罫線の色・太さ・点線や二重線などの種類の変更方法」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました