Wordでグラフを作成する方法|文書内に折れ線の挿入手順

Word文書内に折れ線グラフを挿入する手順を掲載しています。

Excelでグラフを作成することは多いですが、文書内に作成したい場合があります。
ここでは初めてWordで作成したい場合の手順になっています。
グラフのデータは、Excelと同じ形式のシートで入力・編集が可能です。
またExcelの表からデータを貼り付けることも可能です。
ここでは作成手順を画面の画像で解説しています。
作成したグラフの文書は無料でダウンロードできるので参照してください。


折れ線グラフの作成方法

  1. 挿入したい位置にカーソルを移動します。
  2. リボンの[挿入]を選択します。
  3. 図グループのグラフをクリックします。
リボンのグラフをクリック

グラフの挿入ダイアログボックスが開きます。

  1. グラフの種類を選択します。
    ここでは「折れ線」を選択しました。
  2. グラフのスタイルを選択します。
折れ線を選択

Excelシートが開くので、データを入力するかExcelのデータをコピーし貼り付けます。

グラフのデータ入力

ここではExcelでよくある、支店別の年間売上表を貼り付けました。
しかし表示されているグラフのプレビューを見ると、列方向の折れ線になっています。
入力したデータが列方向ならば、そのままで問題ありません。
これを次に修正します。

表示された初期のグラフ

リボンの[グラフ ツール]~[グラフのデザイン]~データグループの[行/列の切り替え]をクリックします。

グラフデータの行/列の切り替え

これで正常なグラフになりました。

完成した折れ線グラフ

使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました