Word:数式の各種入力方法と削除|キー入力・インク数式など

数式を入力する代表的な方法を紹介しています。
「リストから選択する」、「キーボードで入力する」、「マウスで手書き入力」の3種類です。
その他にショートカットキー、削除方法なども掲載しています。
ここでは入力する手順を画像で分かり易く解説しています。
入力した文書を無料でダウンロードできるので、実際にお試しください。


Word 数式をリストから選択する

  1. リボンの[挿入]をクリックします。
  2. 記号と特殊文字グループの[数式]右の[▼]をクリックします。
  3. 数式のリストが表示されるので選択します。
  4. office.comのその他の数式をクリックします。
  5. これでさらに数式のリストが表示できます。
数式のリストから入力

これで下のように数式のリストから入力できました。
同じような数式を入力する場合、一から入力するよりも、これから編集する方が簡単です。

数式を入力した文書

上のリストだけでなく、数式タブの構造グループにあるリストからも入力できます。

数式の構造で入力

入力した数式は、通常の文字と同様にフォントやフォント色・サイズなどの設定が可能です。

フォントの書式を変更した数式

数式の削除方法

通常の文章と同様に削除したい数式を選択し、DELキーを押すことで削除できます。

数式を選択し削除する

キーボードで数式を入力する

  1. リボンの[挿入]を選択します。
  2. 記号と特殊文字グループの[数式]をクリックします。

ショートカットは[Alt]+[Shift]+[-]です。

リボンの挿入~数式をクリック

「ここに数式を入力します。」と入力枠が表示されます。
例えば「1/10」と入力します。

分数を入力

すると自動的に分数の形式になります。

自動的に分数の形式に変換

キーボード入力だけでなく、下の記号と特殊文字を使います。

記号と特殊文字

マウスで数式を手書き入力する

リボンの[数式]~ツール グループの[インク数式]をクリックします。

インク数式をクリック

数式入力コントロール ウィンドウが開きます。
ここにマウスで数式を書くと、自動的に成形され表示されます。
入力が完了すると[挿入]ボタンをクリックします。

マウスで書いて入力

すると、下のように文書内に入力できます。

インク数式で入力した数式

関連する「組織図の作り方|スマートアートで追加・分岐変更・色変更」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました