テキストボックスの行間を詰めるやり方

テキストボックスの行間も通常の文書と同じやり方で可能です。

テキストボックスもメイリオなどのフォントにすると行間は広く感じます。
そこでここでは段落の行間や、行間のオプションを修正し詰める方法を掲載しています。
このやり方は、通常の文書でも応用できるので覚えてください。
荒技ですが行数が少ない場合は、複数のテキストボックスを使用し詰めて配置することでも可能です。
使用した文書を無料でダウンロードできるので、実際にお試しください。


Word リボンの行と段落の間隔で行間を詰める

テキストボックス内をクリックし移動します。
ショートカットキーの[Ctrl]+[A]を押し、テキストボックス内の文字を全選択します。

テキストボックス内の文字を全選択する
テキストボックス内の文字を全選択

リボンの[ホーム]~段落グループの[リボンの行と段落の間隔で行間を詰める]をクリックします。
メニューが表示されるので、デフォルトの「1.15」から「1.0」に変更します。

行間を1.0に変更する
行間を1.0に変更

これで下のように少し行間を詰めることができました。

行間を1.0にしたテキストボックス
行間を1.0に変更したテキストボックス

行間のオプションで行間を詰める

  1. テキストボックス内に移動し、ショートカットキーの[Ctrl]+[A]で文字を全選択します。
  2. リボンの[ホーム]~段落グループの[リボンの行と段落の間隔で行間を詰める]をクリックします。メニューが表示されるので、[行間のオプション]をクリックします。
行間のオプションをクリックする
行間のオプションをクリック

段落ダイアログボックスが開きます。
間隔部分にある[1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる]のチェックボックスをOFFにします。
[OK]ボタンをクリックし閉じて下さい。

「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」をOFFに変更する
「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」をOFFにする

これで下のように少し行間がつまります。

「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」をOFFにしたテキストボックス
「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」をOFFにしたテキストボックス

固定値にし行間を詰める

テキストボックス内の文字を選択し、上の方法で段落ダイアログボックスを開きます。

  1. 間隔部分の行間を「固定値」に設定します。
  2. 間隔の値を小さくします。
    フォントサイズが12ptの場合、間隔を12ptにすると行間は0になります。
    フォントサイズより小さい値にすると、行間がマイナスになり、文字が重なって表示されます。
行間を固定値に変更する
行間を固定値にする

行間を固定値にし間隔を設定したテキストボックスです。

行間を固定値にしたテキストボックス
行間を固定値にしたテキストボックス

関連する「テキストボックスの内側の余白と周囲の余白の調整方法」も参照してください。


使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました